福島第一原子力発電所廃炉検討委員会

設置の目的

日本原子力学会は、福島第一原子力発電所事故に対して「東京電力福島第一原子力発電所事故に関する調査委員会」(学会事故調)を設置して検討し、その背景と根本原因を明らかにするとともに各分野にわたる提言をまとめ、平成26年3月に最終報告書を発刊した。福島第一原子力発電所では、引き続き行われている廃炉に向けての活動が極めて長期に亘り継続されることになることから、世界がその進展に関心と懸念を示す中、原子力分野の専門集団として日本原子力学会も積極的な貢献を行なうことが求められている。

一方、日本原子力学会は、定款において、「特に東京電力福島第一原子力発電所事故にかかわる環境修復、地域住民の支援および事故を起こした原子炉の廃止措置支援等の活動を積極的に行う。」旨、定めており、事故炉の廃止措置支援活動を事業の柱の一つとして位置付けている。

このような状況から日本原子力学会では、福島第一原子力発電所の廃炉に向けての政府及び事業者の活動が安全、かつ円滑に進められ、地元の復興に結びつくよう、課題の抽出と対応策の検討など専門性を生かした活動を行い、併せて、学会内における関連する活動情報の集約・共有化を図るとともに、学会事故調の提言及び事故進展の更なる解明のための課題のフォローを行うことを目的に、新たに「福島第一原子力発電所廃炉検討委員会」を発足させる。

廃炉検討委員会体制(2017.09.25) 委員名簿(2017.09.07)

議事概要

第15回廃炉検討委員会議事概要(2017.9.6 )   第16回廃炉検討委員会議事概要(2017.12.20)
第14回廃炉検討委員会議事概要(2017.5.24) 第13回廃炉検討委員会議事概要(2017.3.22)
第12回廃炉検討委員会議事概要(2016.12.27) 第11回廃炉検討委員会議事概要(2016.7.21)
第9回廃炉検討委員会議事概要(2016.2.15) 第10回廃炉検討委員会議事概要(2016.5.18)
第8回廃炉検討委員会議事概要(2015.12.8) 第7回廃炉検討委員会議事概要(2015.10.9)
第6回廃炉検討委員会議事概要(2015.8.3) 第5回廃炉検討委員会議事概要(2015.5.27)
第4回廃炉検討委員会議事概要(2015.3.4) 第3回廃炉検討委員会議事概要(2015.1.7)
第2回廃炉検討委員会議事概要(2014.10.23) 第1回廃炉検討委員会議事概要(2014.8.29)

未解明WG分科会報告書

事故提言・課題フォロー分科会 報告書 鑑文 分科会報告書

シンポジウム「東電福島第一原子力発電所の廃炉について ―廃炉の論点と展望―」
2018年3月18日(日)

全体プログラム
1. 福島第一廃炉の論点と展望 宮野 廣(廃炉委委員長、法政大学)
2. 福島第一廃炉作業時の管理目標値について 山本 章夫(廃炉委分科会主査、名古屋大学)
3. より一層の安全確保に向けたリスク評価への取り組み 高田孝(日本原子力研究開発機構)
4. ロボット技術への期待 新井民夫(国際廃炉研究開発機構)
5. 建屋構造物の要求性能と課題 高田毅士(東京大学)
6. 廃棄物はどのように取り扱うのか 柳原敏(福井大学)

シンポジウム「東電福島第一原子力発電所の廃炉について ―廃炉の状況と課題、その対応策―」
2017年3月11日(土)

プログラム
1. 福島第一原子力発電所の現状と課題 宮野 廣(廃炉委委員長、法政大学)
2. 事故で分かったこと ―事故進展はどこまで分かったか― 山本 章夫(廃炉委分科会主査、名古屋大学)
3. 燃料デブリとはどんなもの 永瀬 文久(廃炉委WG委員、日本原子力研究開発機構)
4. 燃料デブリ取り出しへのロボットの適用技術を対象としたアイデアコンペ ―廃炉のためのロボット技術コンペ― 吉見 卓(廃炉委分科会主査、芝浦工大)
5. 廃炉におけるリスク管理 山口 彰(廃炉委分科会主査、東京大学)
6. 設備の健全性と高経年化対策 渡邉 豊(廃炉委委員、東北大学)
7. サイトの中の廃棄物はどうするか ―廃止措置の終点に向けて― 柳原 敏(廃炉委分科会主査、福井大学)
8. 残された廃棄物 ―トリチウムの課題― 小西 哲之(廃炉委委員、京都大学)

シンポジウム「東電福島第一原子力発電所廃炉への取り組み―過去・現在・未来―」
2016年3月6日(日) フクラシア東京ステーション

提言への取り組み状況(第1回調査報告書)
プログラム
講演1:事故後の日本原子力学会の取り組み・・・田中隆則(日本原子力学会副会長、エネルギー総合工学研究所)
講演2:学会事故調の提言への取り組み状況・・・山本章夫(廃炉委分科会主査、名古屋大学)
講演3:事故炉の廃炉の現状と課題・・・宮野 廣(廃炉委委員長、法政大学)
講演4:福島第一原子力発電所事故廃棄物を考える?現状と課題?・・・柳原 敏(廃炉委委員、福井大学)
講演5:建屋の長期健全性を評価する・・・瀧口克己(廃炉委分科会主査、東京工業大学名誉教授)
講演6:廃炉を着実に実施するためのリスク管理を考える・・・山口 彰(廃炉委分科会主査、東京大学)

2015年「秋の大会」廃炉検討委員会セッション
2015年9月11日(金)  静岡大学

福島第一原子力発電所の中長期戦略と研究開発
○全体セッション (9:30?11:25)
(1)福島第一原子力発電所の廃炉・汚染水対策の状況について (エネ庁)平井裕秀
(2)福島第一原子力発電所の状況 (東京電力) 増田尚宏
(3)福島第一原子力発電所廃炉の技術戦略とリスク低減 (NDF)福田俊彦
(4)国際廃炉研究開発機構における廃炉関連技術の研究開発状況 (IRID)菅沼希一
○個別セッションA 放射性廃棄物(11:25?12:05)
(1)発生放射性廃棄物の保管 (東京電力) 石川真澄
(2)福島第一原子力発電所事故廃棄物の処理・処分研究開発 (JAEA/IRID) 宮本泰明
○個別セッションB 燃料デブリ/炉内状況(13:00?14:30)
(1)原子炉格納容器調査による炉内状況の推定 (東京電力) 滝沢 慎
(2)SAMPSONコードによる事故事象進展の解析 (エネ総研) 内藤正則
(3)燃料デブリの性状把握 (JAEA/IRID) 鷲谷忠博
○個別セッションC 構造健全性(14:30?15:30)
(1)原子炉圧力容器/格納容器の構造健全性 (IRID) 高守謙郎
(2)コンクリート構造物の健全性 (東北大) 前田匡樹
○個別セッションD 遠隔基盤技術(15:30?16:30)
(1)廃炉遠隔基盤技術 (東大) 淺間 一
(2)廃炉関連ロボットの開発 (IRID) 神徳徹雄

2015年「春の年会」廃炉検討委員会セッション
2015年3月20日(金) 茨城大学

2015年春の年会廃炉検討委員会発表資料[2015.3.20]
  1. 学会事故調から廃炉検討委員会へ (廃炉検討委員会委員長 法政大学 宮野廣)
  2. 事故調査委員会の提言・課題のフォロー (廃炉検討委員会分科会主査 名古屋大学 山本章夫)
  3. 福島第一廃炉の現状と今後の計画 (NDF 福田俊彦)
  4. 福島第一の廃炉における学会の役割 (廃炉検討委員会副委員長 東京大学 岡本孝司)