学会誌

2007年4月号から誌名を「ATOMOΣ(アトモス)」として表紙デザインを一新しました。ATOMOΣ(アトモス)はギリシャ語でこれ以上Democritus「分割できない」という意味で、英語のアトム(原子)の語源です。約2400年前、古代ギリシャの哲学者デモクリトスは、物質をどんどん細かく分けていくと、それ以上には分割できない最小の単位があると考え、 「アトモス」と名づけました。この呼び名は、本誌、学会のホームページを通して募集し集まった新名称案から選ばれた名称です。応募の名称はカタカナのアトモスでしたが、言葉の由来、語源がギリシャ語ということもあり、ギリシャ文字を採用することに決定しました。
本誌は、原子力関係者はもとより原子力に関係する地方自治体や報道機関にも配布されています。表紙も一新したことで、一般の方々にも手にとって見ていただけるような体裁になったと思います。原子力が少しでも多くの方に理解されることに少しでもお役に立てればと思います。本誌は、専門誌でないので専門家以外の誰もが読んで理解できるようにするよう執筆者の方にお願いを続けています。最近ではかなり読みやすくなったと評価をいただいておりますが、さらに一層の改善をしていく必要があります。これが達成されて初めて名実共に皆様に親しまれ、読まれる雑誌に生まれ変わったと言えましょう。今後も一層の努力をして参りますので、ご指導、ご支援をお願い致します。(学会誌編集委員会)

※学会誌へのご意見をお待ちしています。  目安箱

学会誌に関するお知らせ

学会誌への広告・人事公募掲載申し込み

広告募集のページから申込書に必要事項を記入の上、原稿とともに電子メール(hensyu[at]aesj.or.jp)にて送付願います。

学会誌の閲覧・コピーのためにご来局される皆様へ

学会事務局では、学会誌の閲覧・コピー可能(有料※)です。

※記事が掲載されている学会誌の在庫がない場合に限り、以下の料金にてコピー可能です。
学会誌の在庫がある場合は学会誌の購入となります。ご注意ください。
在庫状況はこちら。

利用時間 平日 9:15〜16:30 (土日祝日は閉局)
コピー料金(1部あたり) 会 員 白黒50円 、 カラー200円
非会員 白黒80円 、 カラー320円
問い合わせ先 E-Mail:hensyu[at]aesj.or.jp
電話:03-3508-1262 (編集)

なお、学会誌Vol.1〜Vol.32に掲載した論文は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)で運用している「J-STAGE」にて無料公開しています。こちらもあわせてご利用ください。

記事を執筆される方へ

学会誌記事の編集・校閲工程と記事作成の手順を公開しています。

本誌に掲載された貴原稿の記事の著作権は日本原子力学会に帰属します。

掲載された貴原稿の本文、または図や表の一部を利用する際には、転載許可の申請が必要です。