日本原子力学会声明「原子力安全規制に係る国会審議に向けての提言」

2011 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災において、多くの方々が犠牲となられ、また被災されましたことについて心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。日本原子力学会は、社会的関心の高い科学技術である原子力の広範囲にわたる学術・技術専門家集団として社会への情報提供を行うため、本会の主要な活動等について、随時プレスリリースを行っています。 今回は、原子力安全規制に係る国会審議に向けての日本原子力学会理事会からの提言です。日本原子力学会声明原子力安全規制に係る国会審議に向けての提言国会において、新たな原子力規制機関の創設と原子力規制制度の見直しに関する法案審議がようやく開始され た。今回の法案は、原子力の安全性を高め二度と原子力災害を引き起こさないための制度の根幹となるもので ある。日本原子力学会は、原子力の専門家集団としてこのような原子力災害を防ぎえなかった反省に立ち、安 全確保のための抜本的な改善に向けて、これまでも規制機関や規制制度に関する提言を行ってきたところであ るが、本法案の重要性に鑑み、以下の提言を取りまとめた。国会及び政府において
・・・続きは本文を参照してください。
日本原子力学会声明「原子力安全規制に係る国会審議に向けての提言」