福島第一原子力発電所事故「事故調査・検討委員会」の調査における個人の責任追及に偏らない調査を求める声明

2011年3月11日に発生した東日本大震災において、多くの方々が犠牲となられ、また被災されましたことについて心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。日本原子力学会は、社会的関心の高い科学技術である原子力の広範囲にわたる学術・技術専門家集団と して社会への情報提供を行うため、本会の主要な活動等について、随時プレスリリースを行っています。今回は、福島第一原子力発電所事故調査に関する事故調査・検討委員会への声明です福島第一原子力発電所事故「事故調査・検討委員会」の調査における個人の責任追及に偏らない調査を求める声明東京電力?福島第一原子力発電所事故に関する事故調査・検証委員会が事故原因の調査を進め ている。多くの被災者の皆さまに対する責任はもとより、我が国がこのような重大事故を起こし てしまったことに対する国際的責任を果たすには、事故原因の徹底的解明は不可欠である。その ためには事故対策に当った政府並びに東京電力の関係者の正確で詳細な証言が必須となる。しか し、これまで、我が国の重大事故の調査においては、本来組織の問題として取り上げられる
・・・続きは本文を参照してください。
福島第一原子力発電所事故「事故調査・検討委員会」の調査における個人の責任追及に偏らない調査を求める声明