情報開示姿勢の改善要請に関する声明

2011年3月11日に発生した東日本大震災において、多くの方々が犠牲となられ、また被災されましたことについて心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。日本原子力学会は、社会的関心の高い科学技術である原子力の広範囲にわたる学術・技術専門家 集団として社会への情報提供を行うため、本会の主要な活動等について、随時プレスリリースを行 っています。今回は、福島第一原子力発電所事故に関する政府および東京電力の情報の開示が十分でなかったことに対する日本原子力学会からの声明です情報開示姿勢の改善要請に関する声明日本原子力学会は、政府、関係諸機関及び東京電力株式会社が、福島第一原子力発電所事 故に関する国民への情報開示が遅れ、かつ不十分であったことに対し、強く遺憾の意を表明 し、早急な改善を求めるものである。今回の原発事故においては、情報開示プロセスが不透明でありかつ情報が錯綜し、そのこ とが国民の抱いている不安に拍車をかけた。事故の状況や、放射性物質による環境汚染の状 況について、開示するべき情報を保持していたにも関わらず適切に開示してこなかった結果
・・・続きは本文を参照してください。
情報開示姿勢の改善要請に関する声明