福島関連

日本原子力学会の東京電力福島第一原子力発電所事故への取り組み

日本原子力学会は、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、事故に関する情報収集・分析・評価、環境修復、放射線影響に特化した分科会を発足し諸活動を行なって参りました。発災当初は、常設委員会である「原子力安全」調査専門委員会において分科会を発足、メンバーを刷新し、事故の原因・現象・影響の分析を進めました。平成24年6月、現地における活動支援および関連部会・委員会等における学術的・技術的知見活用の連携を強化するべく、理事会直轄の組織横断的プロジェクトとして「福島特別プロジェクト」を創設し、活動を継続してまいりました。福島特別プロジェクトでは、政府機関、福島県、電力事業者とも連携しながら、除染技術等の情報提供や専門家派遣といった活動も行なっております。また、福島特別プロジェクトの活動と並行して、平成24年9月、「東京電力福島第一原子力発電所事故に関する調査委員会」を発足し、発災より行なってまいりました事故に関する様々な情報を、学術的な立場で整理し、平成26年3月最終報告書として出版いたしました。

引き続き、平成26年6月に「廃炉検討委員会」を発足し、今後も継続して福島県および関連する地域の環境修復ならびに福島第一原子力発電所の廃炉事業の完遂に向けて、学会の総力を結集し貢献してまいります。

福島県の農産物ネット購入へのサイトリンクについて

東電福島事故から4年が経過しましたが、未だに多くの方が避難されており、福島の復興は道半ばの状態です。原子力学会としては、「福島特別プロジェクト」を立ち上げ、除染作業支援等、福島のニーズに合った活動をめざして活動しておりますが、福島県産の農産物の購入を通して、福島県の復興に寄与することも大切なことと考えております。福島の復興なくして原子力の再興はありえません。この度、JA全農福島の認可を頂き、原子力学会webに福島県の農産物をネット上で購入できるサイトへのリンクを設ております。新米、果物や年末の贈答品購入等で会員の皆様に是非、ご利用頂きたく、ご案内申し上げます。