一般社団法人 日本原子力学会 Atomic Energy Society of Japan

会員ログイン

原子炉過酷事故に対する機構論的解析技術

委員会区分(主査) 設置期間 関連部会
研究専門委員会(守田 幸路) 2021年6月 〜 2023年5月 熱流動

当福島第一原子力発電所(1F)の事故を受けその重要性が増している、原子炉過酷事故(SA)の際に発生する現象や事故の進展評価に対しては、実験による現象把握の困難さから数値解析手法の高度化による評価への期待が大きい。本研究専門委員会では、SAに対する数値解析手法の高度化のため、重要な物理現象の検討や解析技術の課題を明確化するとともに、必要な計算技術、実験データ、計測技術など について検討を行う。