一般社団法人 日本原子力学会 Atomic Energy Society of Japan

会員ログイン

原子炉における機構論的限界熱流束評価技術

委員会区分(主査) 設置期間 関連部会
研究専門委員会(大川 富雄) 2018年12月 〜 2021年11月 熱流動/計算科学技術
原子炉設計における効率的な燃料設計および最適な安全評価のために、機構論に基づいた限界熱流束評価技術が望まれている。この長年の技術課題は、近年の詳細解析技術及び計測技術の体系的統合を段階的に進めることで、打開できる可能性がある。このため本研究専門委員会では、将来的な限界熱流束評価技術の構築に向けて、過去の膨大な研究を精査することで必要な知見を整理する。これらの議論を通して、原子炉における機構論的限界熱流束評価技術に必要な研究課題を提示する。

公開資料