一般社団法人 日本原子力学会 Atomic Energy Society of Japan

会員ログイン

【意見公告】75. 原子力発電所の確率論的リスク評価標準で共通に使用される用語の定義:201*(案)

ご意見の受付

受付期間 : 2014年06月26日 〜 2014年08月25日ご意見の受付は終了しました。

ご意見と対応

ご意見はありませんでした。

概要

原子力発電所の確率論的リスク評価標準で共通に使用される用語の定義:201*は,日本原子力学会が標準委員会・リスク専門部会にて制定する標準に共通する「用語及び定義,略語」について検討し,リスク専門部会,標準委員会での審議を経て策定・発行したものです。リスク専門部会が制定する標準には,「用語及び定義,略語」が記載されています。記載されている用語には,既発行の複数のリスク評価標準にて重複しているものがあります。また,それぞれの標準に適合するべく表現を見直している場合も見られます。これは,標準の制定時期によって,用語の定義を見直し,より適切なものに改訂されることによっています。新たに標準を作成する場合に,「用語及び定義,略語」を定めるにあたり,既発行の標準の調査を実施していますが,引用規格に記載されている用語も必要に応じて記載しています。その場合には,複数の標準にて定義される「用語及び定義,略語」を相互に整合させることが必要となります。標準を利用する立場の観点からは,いくつかの問題点が指摘されます。まず,標準によって用語の定義が異なる場合には混乱を引き起こす可能性があります。次に,他の標準と共通の用語とその標準特有の定義として使用する用語が同列に記載されているため,両者の判別が困難となります。リスク専門部会にて制定する標準に共通する「用語及び定義,略語」について共通用語集を制定することにより,これらの課題に対処することといたしました。現在公開しておりません。ご意見はいただいておりません。