一般社団法人 日本原子力学会 Atomic Energy Society of Japan

会員ログイン

【意見公告】44. 原子力発電所の安全確保活動の変更へのリスク情報活用に関する実施基準:200*(案)

ご意見の受付

受付期間 : 2010年03月24日 〜 2010年05月23日ご意見の受付は終了しました。

ご意見と対応

ご意見はありませんでした。

概要

“原子力発電所の安全確保活動の変更へのリスク情報活用に関する実施基準:200*”は,(社)日本原子力学会が標準委員会・発電炉専門部会の下にリスク情報活用ガイドライン分科会を設けて検討し,標準委員会の組織改定に伴い,リスク専門部会及び同委員会での審議を経て策定・発行したものです。この標準は,リスク情報を確率論的安全評価(以下,“PSA”という。)によって得られる情報と捉えて,原子力発電所の安全確保活動のうち電気事業者が実施する運転・保守管理の変更においてリスク情報を活用して意思決定する場合に用いる,各活用分野に共通した要件と要件を満たす具体的方法を規定したものです。主な内容は次の通りです。1.適用範囲,2.引用規格,3.用語及び定義,4.リスク情報活用に当たっての要件,5.リスク情報活用の具体的方法,6.品質保証,7.文書化現在公開しておりません。ご意見はありませんでした。