一般社団法人 日本原子力学会 Atomic Energy Society of Japan

会員ログイン

【意見公告】38. 加圧水型原子炉一次冷却材の化学分析方法 − ほう素(案)

ご意見の受付

受付期間 : 2009年12月18日 〜 2010年02月17日ご意見の受付は終了しました。

ご意見と対応

ご意見はありませんでした。

概要

“加圧水型原子炉一次冷却材の化学分析方法−ほう素:200*”は,(社)日本原子力学会が標準委員会システム安全専門部会水化学管理分科会,システム安全専門部会,及び標準委員会での審議を経て策定し発行したもので,PWRにおける一次冷却材中のほう素濃度を適確に確認し,安全・安定運転を達成することを目的として実施する分析の具体的な方法について,一般事項,試料採取,試薬,器具及び装置,並びに分析操作等を規定しています。主な内容は次の通りです。1.適用範囲,2.引用規格,3.用語及び定義,4.一般事項,5.試料採取,6.pH滴定法,7.電位差滴定法現在公開しておりません。ご意見はありませんでした。