一般社団法人 日本原子力学会 Atomic Energy Society of Japan

会員ログイン

【意見公告】17. 原子力発電所の定期安全レビュー実施基準 (案)

ご意見の受付

受付期間 : 2006年02月20日 〜 2006年04月21日ご意見の受付は終了しました。

ご意見と対応

ご意見はありませんでした。

概要

原子力発電所の定期安全レビューは,対象とする原子力発電所の安全性・信頼性に係る諸特性のふるまいについての調査・分析はもとより,国内外の原子力発電所の運転経験及び原子力安全に係る最新の技術的知見の当該発電所に対する反映状況の調査・分析,さらに確率論的安全評価をも併せ用いて,事業者が当該発電所について行ってきた保安活動を10年を超えない期間毎に評価し,必要に応じて保安のために有効な追加措置を抽出し,その実施に係る計画を策定することにより,今後,当該発電所が最新の原子力発電所と同等の高い水準を維持しつつ安全運転を継続できる見通しを得るための取り組みです。昨年度末までに,国内の軽水型原子力発電所53基のうち,既に34基について定期安全レビューが実施されており,レビュー経験が蓄積されてきています。この経験を踏まえ,標準的な基準を提示することは,定期安全レビューに携わる人々が共通の理解をもった上で実施していくために,さらには,その他の人々がレビューの結果を理解するのを容易にするために有効な手段であると考えられます。このため本標準は,軽水型原子力発電所における定期安全レビューの実施に際して,実施計画の策定,評価の実施及び報告書の公開に至るまでの方法について規定することにしたものです。主な内容は以下の通りです。適用範囲,引用規格,定義,定期安全レビューの流れ,保安活動の実施の状況の評価,保安活動への最新の技術的知見の反映状況の評価,確率論的安全評価,報告書他現在公開しておりません。ご意見はありませんでした。