一般社団法人 日本原子力学会 Atomic Energy Society of Japan

会員ログイン

シビアアクシデント時の核分裂生成物挙動

2101

販売価格(税込)


4,400円
注文番号 2101-01

登録情報
  • ISBN : 978-4-89047-179-9
  • 版型頁数 : A4判,295ページ
  • 発行年 : 2021/05/31
  • 編 : 「シビアアクシデント時の核分裂生成物挙動」研究専門委員会
4,400円
注文番号 2101-02

登録情報
  • ISBN : 978-4-89047-179-9
  • 版型頁数 : A4判,295ページ
  • 発行年 : 2021/05/31
  • 編 : 「シビアアクシデント時の核分裂生成物挙動」研究専門委員会
内容紹介

本報告書「福島第一原子力発電所における核分裂生成物の短期/長期挙動」は2017 年から2021 年までの4年間の「シビアアクシデント時の核分裂性生物挙動」研究専門委員会の活動に基づく技術報告書である。これに先立つ2015 年からの2 年間、水化学部会に「核分裂生成物挙動」研究専門委員会準備会を組織し、国際的なPWR のインパイルループによるベンチマーク実験「Phébus FP プロジェクト」の公開文献を精査する活動を行なった。この活動は、核分裂生成物の挙動の検討は福島第一原子力発電所の今後40年余に及ぶ廃炉に深く関わること、さらにはFP 関連の技術を支えてきた研究者・技術者が第一線を退いてきたことから、若い年代に確実に技術伝承することが重要課題であるとの認識に基づいている。このような状況に鑑み「Phébus FP プロジェクトにおける核分裂挙動のまとめ – 福島プラント廃炉計画およびシビアアクシデント解析への適用」なる技術報告書を刊行した。今回も全く同じ認識のもとに活動し、その成果を技術報告書としてまとめたものである。(「はじめに」より抜粋)