一般社団法人 日本原子力学会 Atomic Energy Society of Japan

会員ログイン

「環境修復技術説明資料」の公表について

2011年3月11日に発生した東日本大震災において、多くの方々が犠牲となられ、また被災されましたことについて心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。日本原子力学会は、社会的関心の高い科学技術である原子力の広範囲にわたる学術・技術専門家集団と して社会への情報提供を行うため、本会の主要な活動等について、随時プレスリリースを行っています。今回は、環境修復技術をわかりやすく紹介した説明資料の公表のお知らせです「環境修復技術説明資料」の公表について日本原子力学会「原子力安全」調査専門委員会クリーンアップ分科会(主査:井上正(財)電 力中央研究所首席研究員)では避難されている住民の方々が少しでも早く自宅に戻れるようにす るため、 家屋や庭および畑などから放射性物質を除去する除染の方法を技術的に説明した「環境 修復技術説明資料」を作成し公表 しました。これから除染を実施する予定の住民の方々や自治体 の方々の参考にしていただきたいと考えています。この資料には説明されている、建物(屋根・屋上、壁)、(屋内)及び生活用品、敷地や庭等、 公共施設、水田、畑
・・・続きは本文を参照してください。
「環境修復技術説明資料」の公表について