フェロー賞 | 日本原子力学会

フェロー賞

日本原子力学会はフェロー制度を設けて当学会の発展に顕著な貢献をした会員にフェローの称号を授与し、学会の更なる活性化と発展を期しております。その活動の一つとして、平成19年度から原子力・放射線分野の大学生・大学院生を対象とした表彰を行っております。

世界的にはエネルギーの安定供給と地球温暖化対策として原子力エネルギー利用を再評価する「原子力ルネサンス」の動きの中にあり、また国内では「原子力政策大綱」の基本方針を実現するための「原子力立国計画」に示された如く原子力・放射線技術はわが国の立国の基盤のひとつであり、今後とも重要な科学技術として社会の健全な発展に貢献し続けることが期待されています。このためには原子力・放射線分野における将来を担う若い人材の育成が極めて重要であります。

このように優秀な人材育成振興の観点から、日本原子力学会では原子力・放射線分野を学び修めた学業優秀な学生を対象に「日本原子力学会フェロー賞」を授与し顕彰するものです。

募集要項

  1. 受賞資格
    大学において原子力・放射線に関係の深い専門課程を修学した 1)学部4年生、 2)大学院博士前期課程(修士課程)卒業・修了予定者
  2. 受賞対象
    上記の有資格者のうちで、学業優秀なる者
  3. 受賞人員
    大学原子力教員協議会の参加各大学から、学部、大学院 各1名以内
  4. 募集方法
    大学の学部、大学院の所属の長(学科長、専攻長等)の推薦による書類の提出
  5. 応募期限
    例年2月下旬
  6. 選考結果の通知
    フェロー企画運営委員会で審査の上、選考結果は3月中旬に推薦者宛通知する

推薦書提出およびお問合せ先

日本原子力学会 フェロー賞事務局
〒105-0004 東京都港区新橋2-3-7 新橋第二中ビル
TEL 03-3508-1261, FAX 03-3581-6128
Email: kikaku[at]aesj.or.jp