一般社団法人 日本原子力学会 Atomic Energy Society of Japan

会員ログイン

日本学術会議主催「原子力総合シンポジウム2021」参加申込

日本学術会議主催「原子力総合シンポジウム2021」を以下の通り開催いたします。
参加希望の方は、以下のフォームよりお申し込みください。
ご登録完了後、ウェビナー参加方法について自動メールが届きます。
セキュリティの関係で、メールが届かない場合は、問い合わせ先へご一報ください。
資料は会期直前に本ページに掲載予定です。

お名前  (必須)
ご所属 
ご専門  (必須)
所属学協会 
E-mail  (必須)
メールアドレスに間違いがないかご確認の上、送信ボタンを押してください 



公開シンポジウム「原子力総合シンポジウム2021」

1.主催:日本学術会議 総合工学委員会 原子力安全に関する分科会

2.共催・協賛・後援:46関連学協会

3.日時:2022年1月17日(月)13:30-16:30

4.場所:Zoomウェビナーによるオンライン開催

5.開催趣旨:原子力総合シンポジウムは、我が国の原子力について総合的に議論を行う場である。日本学術会議と日本原子力学会が協力し、各界の識者を交えて、これまで50年以上にわたり中長期的視点から議論が行われてきた。
 今年は、福島第一原子力発電所事故から10年目であると同時に、地球環境対策として脱炭素の活動が加速し始めた年でもある。そこで今回の原子力総合シンポジウムでは、「福島第一原子力発電所事故から10年の今、考えること」をテーマとして取り上げ、福島事故を客観的視点で総括し、未来を俯瞰することで、これからの安全とエネルギー政策を考える。

6.プログラム:
1)開会の挨拶
13:30-13:40 関村 直人(日本学術会議連携会員、東京大学副学長、大学院工学系研究科原子力国際専攻教授)

2)基調講演
13:40-14:30 講演1「福島第一原子力発電所事故から10年:安全規制と社会の信頼」
           藤田 玲子(日本原子力学会元会長)
14:30-15:20 講演2「韓国における福島第一原子力発電所事故後10年間の原子力安全及び社会の課題」
           Byung Joo Min(韓国原子力学会元会長、Visiting Professor of Ulsan National Institute of Science and Technology (UNIST))

3)パネルディスカッション「2050年の世界のエネルギーシステムとしての原子力の意義」
15:20-16:20 コーディネータ:大倉 典子(日本学術会議第三部会員、芝浦工業大学 名誉教授・SIT総合研究所特任教授)
        パネラー:藤田 玲子、Byung Joo Min、山口 彰
4)閉会の挨拶
16:20-16:30 山口 彰(日本原子力学会会長、東京大学大学院工学系研究科原子力専攻教授)

問い合わせ先

一般社団法人日本原子力学会事務局
E-mail: kikaku[a]aesj.or.jp ([a]を@に変換)


関連学協会 共催・協賛*・後援**(依頼中)

エネルギー・資源学会

化学工学会*

環境放射能除染学会**

空気調和・衛生工学会*

計測自動制御学会*

地盤工学会

電気化学会

電気学会

電子情報通信学会*

土木学会

日本アイソトープ協会

日本アーカイブズ学会*

日本医学放射線学会

日本応用地質学会

日本海水学会**

日本海洋学会

日本化学会

日本核医学会

日本機械学会*

日本技術士会**

日本気象学会

日本原子力学会

日本建築学会

日本高圧力技術協会*

日本航空宇宙学会*

日本コンクリート工学会**

日本混相流学会

日本地震学会**

日本シミュレーション学会

日本心理学会

日本セラミックス協会

日本地質学会

日本電気協会

日本農芸化学会**

日本非破壊検査協会

日本複合材料学会**

日本物理学会*

日本放射化学会

日本放射線影響学会

日本保全学会

日本溶接協会*

日本流体力学会*

日本ロボット学会

プラズマ・核融合学会

溶接学会

レーザー学会*