一般社団法人 日本原子力学会 Atomic Energy Society of Japan

会員ログイン

高速増殖炉技術の現状と将来の展望

8704

販売価格(税別)


6,000円
注文番号 8704-01
売り切れ
登録情報
  • 発行年 : 1987
  • 版型頁数 : B5/229
  • 重量(g) : 540
  • 編 : 「高速増殖炉工学」研究専門委員会
  • ISBN :
4,800円
注文番号 8704-02
売り切れ
登録情報
  • 発行年 : 1987
  • 版型頁数 : B5/229
  • 重量(g) : 540
  • 編 : 「高速増殖炉工学」研究専門委員会
  • ISBN :
内容紹介
我が国で、動力炉・核燃料開発事業団が設立され、高速増殖炉(FBR)の研究開発がナショナル・プロジェクトとして開始されてから、すでに20年が経過しました。実験炉「常陽」が昭和52年に臨界状態を達成し、それ以来順調に運転され、本年は10周年を迎えました。現在、原型炉「もんじゅ」が建設中で、工事進捗率は30%を超えるところまで進んでいます。そして、数年前より、実証炉の建設への努力が電力業界を中心につづけられています。本書は、昭和58年より発足した「高速増殖炉工学」研究専門委員会におけるFBR研究開発の現状を把握するとともに、今後に残された諸課題および将来の展望について検討を行ってきた成果をまとめたものであります。