一般社団法人 日本原子力学会 Atomic Energy Society of Japan

会員ログイン

使用済燃料中間貯蔵施設用金属キャスクの安全設計及び検査基準:2010(F002:2010)

1004

販売価格(税別)


12,500円
注文番号 1004-01

登録情報
  • 発行年 : 2010
  • 版型頁数 : A4/240
  • 重量(g) : 680
  • ISBN : 978-4-89047-322-8
  • 担当部会 : リサイクル燃料貯蔵分科会
10,000円
注文番号 1004-02

登録情報
  • 発行年 : 2010
  • 版型頁数 : A4/240
  • 重量(g) : 680
  • ISBN : 978-4-89047-322-8
  • 担当部会 : リサイクル燃料貯蔵分科会
内容紹介
原子力発電所の使用済燃料に対する我が国の基本方針は,リサイクルによるプルトニウム及び回収ウランの再利用にあります。燃料サイクルにおける中間貯蔵は,再処理施設の操業に柔軟に対応するための手段と考えられています。1999年6月には原子炉等規制法が改正され,使用済燃料の貯蔵の事業が追加されました。すでに民間事業者は2010年までに中間貯蔵施設を操業開始するという目標を掲げ準備を進めています。このような状況を踏まえて日本原子力学会では,2002年6月に中間貯蔵用金属キャスクに関する標準を制定しました。その後,2002年10月原子力安全委員会は,新たに金属キャスクによる中間貯蔵のための安全審査指針を策定し,これを受けて日本原子力学会では,2004年1月にこの標準を改定しました。また,2006年4月には,原子力・安全保安院が使用済燃料貯蔵施設に係る技術要件を改定し,これを受けて日本原子力学会では,2008年5月にこの標準を再度改定しました。青森県むつ市に建設が予定されている国内初の中間貯蔵施設は,現在,安全審査の段階にあり,その後,設計及び工事の方法の認可の審査段階に入ることから,この標準が今後のこれらの認可審査において有効に用いられると考えられます。この標準は,「使用済燃料中間貯蔵施設用金属キャスクの安全設計及び検査基準:2008」を,上記の認可審査においてより有効に利用できるよう,原子力学会標準委員会原子燃料サイクル専門部会リサイクル燃料貯蔵分科会,同専門部会及び同委員会での審議を経て改定したものです。この標準の対象とする金属キャスクは,使用済燃料の中間貯蔵施設での静置・保管だけでなく,原子力発電所からの輸送,及び中間貯蔵施設からの輸送に一貫して使用するものです。したがって,この標準では保管及び輸送上の基本的安全機能及び構造上の設計要求,並びに各過程での検査項目及び検査方法等を規定します。また,この標準には,事業者の責任,発電所内における先行貯蔵,部材の長期健全性の確認についても規定しています。