一般社団法人 日本原子力学会 Atomic Energy Society of Japan

会員ログイン

新会長に堀池寛氏(阪大)が就任

2011年3月11日に発生した東日本大震災において、多くの方々が犠牲となられ、また被災されましたことについて心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。一般社団法人日本原子力学会は、社会的関心の高い科学技術である原子力の広範囲にわたる学術・技術専門家集団として社会への情報提供を行うため、本会の主要な活動等について、随時プレスリリースを行っています。今回は、6月21日に開催した一般社団法人日本原子力学会通常総会において選任されました新会長・副会長の紹介です。
第35代会長 堀池 寛(ほりいけ ひろし)大阪大学大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 教授
【略歴】1978 大阪大学工学研究科原子力工学専攻博士課程単位取得満期退学
    1978 日本原子力研究所入所
    1993 大阪大学工学部助教授
    1996 年より現職
【主な専門】核融合工学、原子炉工学
【会長挨拶】2011・・・続きは本文を参照してください。
新会長に堀池 寛氏(大阪大学)が就任