一般社団法人 日本原子力学会 Atomic Energy Society of Japan

会員ログイン

2021年度学会賞 受賞コメント

論文賞

5401 「JENDL/DEU-2020: deuteron nuclear data library for design studies of accelerator-based neutron sources」
中山梓介
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
岩本 修
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
渡辺幸信
国立大学法人九州大学
受賞のコメント
論文賞に選出いただき、ありがとうございます。著者一同、大変光栄に思っております。また、査読者や編集委員の方々をはじめ、本論文の出版に関わって下さった皆様に心より感謝申し上げます。本論文は、重陽子加速器を用いた中性子源の設計のための重陽子核反応データベースJENDL/DEU-2020の開発について記述したものです。実用的な重陽子核反応データベースについては、世界的にも殆ど整備されていないのが現状です。また、我が国の評価済核データライブラリJENDLシリーズでもこれまでに中性子をはじめ、光子や陽子等の核反応データベースは開発されていますが、重陽子については今回が初めての試みとなりました。今後、JENDL/DEU-2020が加速器中性子源の設計研究の発展に少しでも貢献することができれば、うれしく思います。
→論文を読む
5402 「Fukushima Daiichi fuel debris retrieval: results of aerosol characterization during laser cutting of non-radioactive corium simulants」
Emmanuel Porcheron
Institut de Radioprotection et de Sûreté Nucléaire
Claire Dazon
Institut de Radioprotection et de Sûreté Nucléaire
Thomas Gelain
Institut de Radioprotection et de Sûreté Nucléaire
受賞のコメント
It is a great honor and a real pleasure for my co-authors and myself to have been nominated to the Atomic Energy Society of Japan Award for the best paper Award by the editor of Journal of Nuclear Science and Technology and the Award committee at the AESJ. We would like to thank the AESJ committee for their high appreciation.

Our present article published in Journal of Nuclear Science and Technology dealing with aerosol containment issues in the context of Fukushima Daiichi decommissioning was written based on research works funded by the METI that we would like to thank very much for their support and also for their trust in our team composed of members from entities of ONET technologies, CEA and IRSN.

As a quick summarize, we started in 2015 our works aiming to contribute to Fukushima Daiichi decommissioning, more precisely regarding fuel debris removal issues, which represents a great challenge from the point of view of scientific, technical and human aspects. This research focuses on the assessment of the production of secondary emissions generated by the laser cutting technique for air and underwater conditions with inactive fuel debris simulants representative of in-vessel and ex-vessel configurations. The knowledge of the particle size distribution of pollutants, associated to their chemical composition allow to evaluate the particles transport, deposition, filtration and collection efficiencies with well-known size and estimated radioactivity.

We are continuing to contribute to such R&D works in collaboration with Japanese’s partners reflecting our implication and motivation for supporting Japan in Fukushima Daiichi decommissioning.

We thank all of you for the organization of this ceremony and wish you all good continuation in yours projects.

Dr. Emmanuel PORCHERON, Institute for Radiological protection and Nuclear Safety (IRSN), Saclay, France.
→論文を読む

受賞関係資料

5403 「Features of a control blade degradation observed in situ during severe accident conditions in boiling water reactors」
Pshenichnikov Anton
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
永江勇二
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
倉田正輝
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
受賞のコメント
I would like to thank the AESJ Award committee for the high evaluation of our paper on behalf of my co-authors. I am especially glad because it was my first paper published as a new member of Japan Atomic Energy Agency (JAEA) Collaborative Laboratories for Advanced Decommissioning Science (CLADS).
Since 2017, when I came to Japan to work in the field of decommissioning of the damaged Fukushima Daiichi (1F) reactors, I continue to make efforts to understand the accident progression in BWRs and provide necessary data on materials interaction during an accident. It helps in prediction of melting areas and helps to identify melt relocation ability. It is going to help to elucidate the mechanisms of the debris formation and the way their properties have formed. Later, this data may be utilized for improvement of modelling accuracy of the 1F accident.
In our paper, the very first in the world, the possibility of metallic-rich debris in the damaged BWR-type reactors was emphasized. We believe that our work result in the accurate prediction of the the art of fuel bundle damage, debris final location point and chemical composition.
In addition, we believe that this work became the first attempt of backward analysis, which will become more important in the next decade. The backward analysis will contribute to the further grasping of the 1F accident progression sequence and interpretation of the debris formation mechanism based on the available real 1F site data, including debris analysis data. This highly evaluated paper was able to show useful background data during design of the debris removal especially for upcoming Unit 2 debris removal.
I am very glad that our research is interesting for the wide range of specialists. It is going to make a strong positive impact on decommissioning facilitation. Moreover. It also attracts a lot of attention of various experts to JNST, because such information is indispensable for decommissioning specialists all over the world. I hope, with all our help, decommissioning of the 1F will finish with a lot of success. Thank you very much!
→論文を読む
5404 「Adjoint flux calculation of natural mode equation by time dependent neutron transport」
名内泰志
一般財団法人電力中央研究所
受賞のコメント
原子炉に反応度が入ると、暫くして出力が時間に対し指数関数的に変化するようになります。その際、時間依存中性子輸送方程式がNatural Mode式に漸近します。同式の固有値は炉周期の逆数となります。本論文では、Natural Mode式の随伴中性子束が、評価点に配した中性子源に対して、十分な時間経過した後の中性子束の振幅に比例することを理論的に示しました。さらに、連続エネルギーモンテカルロ法(MC法)計算によりこの理論を数値計算上も確認しました。この随伴中性子束は、炉周期に関する摂動論の下で、炉周期の予測値と実測値の違いから計算に用いる核データのバイアスを評価する際に利用できます。また随伴中性子束は炉心のどの位置に外乱が入るとより出力の時間変化に寄与するかを示す量であり、随伴中性子束の把握は炉心の安全解析で役立ちます。  上記の理論導出は名大遠藤先生や仏国CEAのZoia氏らに触発されて始めたもので、この理論を計算で確認したいという欲求が遅発中性子を含む時間依存中性子輸送計算法の開発につながりました。今後も炉物理Communityで刺激しあって、理論・計算法の開発に邁進したく存じます。
→論文を読む

特賞・技術賞

5405 「純国産次世代核データ処理システムFRENDYにおける中性子多群断面積作成機能の開発」
山本章夫
国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学
多田健一
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
千葉 豪
国立大学法人北海道大学
受賞のコメント
技術賞・特賞を受賞させていただいたことを大変光栄に感じております。今回の受賞対象は、原子炉の核特性解析を実施する際に不可欠となる核データ処理に関するもので、JAEAで開発されている核データ処理システムFRENDYに対して、炉心の核設計などで使用する多群中性子断面積の作成機能を実装したことになります。従来、核データから多群中性子断面積を作成するためには、海外の核データ処理コードを必ず使用する必要がありましたが、今回の開発により、純国産技術で核データから中性子多群断面積を作成できるようになりました。また、広く利用されている海外の核データ処理コードと完全に独立な国産核データ処理コードを開発したことにより、初めてこれまで利用されてきた核データ処理コードの独立した検証が可能となりました。さらに、核データから炉心解析まで一式を純国産技術のみで実施可能となりました。今回の受賞を励みにして、海外を含め、多くのユーザーにご利用いただけるよう、引き続き努力したいと考えております。

受賞関係資料:FRENDYパンフレット

奨励賞

5406 「Np-237の中性子捕獲断面積の測定」
Gerard Rovira Leveroni
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
受賞のコメント
I am really grateful to have been selected to receive this award. I would like to thank my supervisor professor Katabuchi for the guidance during this study. I am truly honored to have my work recognized by the research community and I hope I can continue to contribute with further research.
Figure on "Present experimental results for the ^237 Np neutron capture cross section in the keV region compared to the the evaluated nuclear data in JENDL-5."

技術開発賞

5407 「蒸気発生器内複雑二相流に対する先進シミュレーションコードの開発」
三菱重工業株式会社 関西電力株式会社 日引俊詞
Purdue University
受賞のコメント
この度、「技術開発賞」を頂戴し、誠に光栄に存じます。
これまで、蒸気発生器の設計、研究開発に従事し、気液二相流の実験及び解析技術を開発してまいりました。今回受賞対象となった技術は、蒸気発生器内の伝熱管群内の高温高圧気液二相流という複雑な現象を把握するために、実験・計測技術の開発を行い、その実験によって得られたデータをもとに物理モデル、及び解析手法を構築したものです。
この技術開発においては困難な過程もありましたが、技術を開発できたのは、関係する方々のご尽力、ならびにご支援によるものであり感謝申し上げます。
今後も当該技術の研究開発を進め、機器の性能、安全性、及び信頼性向上に努めてまいります。

貢献賞

5408 「空気GM管放射線測定器の自作キットの開発と放射線の理解を深める活動」
中部原子力懇談会「放射線ウオッチング」
森千鶴夫、青山隆彦、飯田孝夫、五井 忍、早川一精、佐合 穣、神谷 均、柘植憲治
受賞のコメント
「空気GM管放射線測定器の自作用キットの開発と放射線の理解を深める活動」に対して、中部原子力懇談会「放射線ウオッチング」と担当メンバーが、この度「貢献賞」を受賞し光栄に存じます。開発した空気GM管は、写真フィルムのケース、市販の縫い針、消毒用アルコールなどの身の回りの物品を活用したもので、広いプラトー領域を持ち、計数管の内部にも試料を入れることができる特徴的なGM管です。また、市販の安価な電子回路基板に部品を差し込むだけで回路が完成するようにし、100円ショップの部品を多用しました。このキットは放射線測定以外の理科実験にも利用できる特徴があります。毎年夏に中部原子力懇談会主催の「放射線ウオッチング」と名付けた放射線教育実験セミナーを、高校生および中・高校の教諭に対して実施してきました。また、名古屋大学工学部エネルギー理工学科の学生実験の項目の一つに採用され、「原子力規制人材育成事業」の一部としても採用されました。これらの活動が評価されたものと存じ、関係の方々に深く感謝します。今後もこの活動に努力すると共に学会の発展に寄与することを願っています。
5409 「世界最高水準の確率論的地震ハザード評価プロジェクトの実践と我国のリスク情報活用への貢献」
四国電力株式会社
受賞のコメント
この度は、栄誉ある日本原子力学会賞貢献賞を賜り、大変光栄なことと深く感謝致しております。
今回受賞の対象となりました確率論的地震ハザード評価プロジェクトは、地震ハザード評価の手順を定めた国際的な基準であるSSHACレベル3ガイドラインに則り、我国で初めて取り組んだものです。評価にあたっては、40名を超える各分野の外部専門家との議論を含めて、約20名の常時参加の専門家が議論を尽くし、5年半の歳月を懸けて成果を纏めました。
本賞の受賞にあたり、多大な時間を割いてご尽力くださった専門家の皆さまをはじめ、関係者全員にこの場をお借りして御礼申し上げますとともに、今回の成果によって確率論的評価の意義が更に認知され、今後の原子力安全向上の一助となれば幸いです。
最後になりますが、日本原子力学会のますますのご発展と皆様のご健勝を祈念いたしまして、御礼の挨拶とさせていただきます。誠にありがとうございました。

なお、本プロジェクトの報告書は四国電力ホームページにて公開しております。
https://www.yonden.co.jp/energy/atom/safety/sshac_project/index.html

西村 幹郎
四国電力㈱ 伊方発電所 原子炉主任技術者
(元 四国電力㈱ 原子力保安研修所 原子力安全リスク評価グループリーダー)