原子力がひらく世紀(第3版) (0402)

0402
販売価格(税別)
定価
¥1,905
会員価格
¥1,905
在庫有り

内容紹介

この世に存在するすべての物質に共通する、微細で基本的な構造を解明しようとして、科学者たちが18世紀以来根気よく続けてきた努力は、今から約100年前にアンリ・ベクレルが自然放射線を発見するに及んで、一層の現実感を伴って加速されることとなった。原子物理、または原子科学とよばれるこの分野は、20世紀に入って驚くべき発展を遂げ、我々の宇宙観を一新し、広い可能性を開拓したのである。歴史的には原子爆弾という、不幸な産物を経過したものの、現在ではその応用は工業、能楽、医学での放射線利用、およびエネルギー源としての原子力発電に及んでいる。これらの応用をまとめて原子力の平和利用と呼んで、これをやさしく、じっくり解説するのが、本書の意図するところである。(「発刊の言葉」より抜粋)

登録情報

  • 発行年 : 2011
  • 版型頁数 : B5/406
  • 重量(g) : 825
  • 編 : 日本原子力学会
  • ISBN : 978-4-89047-096-9