収着分配係数の測定方法―浅地中処分のバリア材を対象としたバッチ法の基本手順(AESJ-SC-F003:2002) (0205)

0205
販売価格(税別)
定価
¥9,375
会員価格
¥7,500
売切れ
注文できません

内容紹介

“収着分配係数”は,放射性廃棄物処分の分野で,環境中における放射性核種の移行予測や安全評価などに利用されている重要なパラメータの一つである。 しかしながら,収着”は多様な物理的・化学的要素が複雑に絡んだ現象であり,測定条件によって収着分配係数が大きく異なる場合がある。 この標準は,データ間の相互比較が容易に行えるよう測定の基本となる条件を整理し,浅地中処分のバリア材(土壌,セメント系材料等)を対象としたバッチ法について,安定に収着分配係数を得るための基本手順を制定したものである。
※本標準は,2008年4月17日の標準委員会で,今後も存続すること(5年毎改定不要)の確認が行われました。 その際,「収着分配係数の測定方法―深地層処分のバリア材を対象とした測定方法の基本手順:2006(AESJ-SC-F008:2006)」と若干表現が異なる部分について,解説(PDF49KB)を作成しましたので,本標準のご利用にあたってはこちらをご参照下さい。”

登録情報

  • 発行年 : 2002
  • 版型頁数 : A4/45
  • 重量(g) : 210
  • ISBN : 978-4-89047-(なし)
  • 担当部会 : 放射性廃棄物管理分科会(廃止)