日本原子力学会シンポジウム「東京電力福島第一原子力発電所事故後の環境回復の取り組み」-住民被ばくの現状と環境動態-(8/25福島)開催のご案内

2011 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災において、多くの方々が犠牲となられ、また被災されましたことについて心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。日本原子力学会は、社会的関心の高い科学技術である原子力の広範囲にわたる学術・技術専門家集団とし て社会への情報提供を行うため、本会の主要な活動等について、随時プレスリリースを行っています。今回は、「日本原子力学会シンポジウム」開催のお知らせです。日本原子力学会シンポジウム開催のご案内「東京電力福島第一原子力発電所事故後の環境回復の取り組み」?住民被ばくの現状と環境動態?日本原子力学会は、福島県と共同で「除染推進に向けた地域対話フォーラム」を開催し、福島県民の皆さまの 放射能や除染に関する疑問にお答えする活動を行ってきました。また、「福島特別プロジェクト」を学会に設置し、 除染活動支援のため「除染情報プラザ」への放射線や除染の専門家の派遣やシンポジウムの開催など、福島の 皆さまにより密着した活動を行っています。また、震災後 2 年が経ち、住民の皆さまの要望もさまざまな分野にわたるものとなって来ており、
・・・続きは本文を参照してください。
日本原子力学会シンポジウム「東京電力福島第一原子力発電所事故後の環境回復の取り組み」-住民被ばくの現状と環境動態-(8/25福島)開催のご案内