日本原子力学会シンポジウム 福島の環境回復に向けて ―5年の歩みと今後の課題―

開催要領

地図を読み込んでいます・・・
日時
2016/02/13 (1:00 PMー4:50 PM)
場所
コラッセふくしま 多目的ホール
関連Webサイト
http://www.corasse.com/access
プログラム
特記事項
主催:日本原子力学会、後援:福島県、環境省福島環境再生事務所 、協力:除染情報プラザ
カテゴリー

当日発表資料

1. 震災後の時間経過に伴う問題の変遷と地域農業再生について(国際農林水産業研究センター企画調整部技術促進科科長) 万福裕造氏
2. 除染の進捗と廃棄物(福島特別PJクリーンナップ分科会) 三倉通孝氏
3. 長崎大・川内村復興推進拠点における放射線健康リスクコミュニケーション(長崎大学医歯薬学総合研究科 助教) 折田真紀子氏
4. 参加者アンケートの結果

プログラム

13:00?13:10 開会挨拶
13:10?13:55 空間線量と個人被ばく線量の関係
(保健物理・環境科学部会、日本原子力研究開発機構 バックエンド研究開発部門 核燃料サイクル工学研究所 放射線管理部線量計測課 課長代理) 高田千恵氏
13:55?14:40 震災後の時間経過に伴う問題の変遷と地域農業再生について
(国際農林水産業研究センター企画調整部技術促進科科長) 万福裕造氏

14:45?15:00 休憩

15:00?15:45 除染の進捗と廃棄物
(福島特別PJクリーンナップ分科会) 三倉通孝氏
15:45?16:30 長崎大・川内村復興推進拠点における放射線健康リスクコミュニケーション
(長崎大学医歯薬学総合研究科 助教) 折田真紀子氏
16:30?16:50 福島特別プロジェクトからの提言・閉会挨拶