2015年秋の大会

開催要領

地図を読み込んでいます・・・
日時
2015/09/09-2015/09/11 (終日)
場所
静岡大学静岡キャンパス
関連Webサイト
プログラム
2015年秋の大会プログラム
特記事項
カテゴリー

開催場所および全体日程

2015/09/09-2015/09/11 (静岡大学静岡キャンパス
発表申込期間 2015年4月9日(木)14:00〜4月23日(木)14:00 【終了】
予稿原稿PDFファイルオンライン投稿受付期間 2015年6月10日(水)14:00〜2015年6月24日(水)14:00 【終了】
聴講者参加事前登録申込受付期間 2015年6月25日(木)14:00〜2015年7月23日(木)14:00 【終了】

annual-meeting-schedule

  • 登壇者は原子力学会員に限ります。 入会されていない方は、4月23日(木)までに入会手続きを済ませてください。(入会案内のページ
  • 「総合講演・報告」や「部会・連絡会企画セッション」の講師、座長の方で、担当のセッションだけに参加される場合は、発表申込・聴講者参加申込および各参加料のお支払いは不要です。ただし、 担当のセッション以外のセッションを聴講される場合には聴講者参加事前登録申込および聴講者参加料のお支払いが必要です。
  • 予稿集CD-ROMは、2015年8月下旬発送予定です。
  • 発表申込オンライン登録【終了】
  • 予稿原稿PDFオンライン登録【終了
  • 聴講者参加申込オンライン登録【終了】

忘れ物情報

会場にございましたお忘れ物をお預かりしております。下記にお心当たりがある方は、本会事務局企画Gr.年会大会担当 <meeting[a]aesj.or.jp>宛ご連絡ください。(※「[a]」は「@」に変更のこと)

9/9(水)

  • 総受付近く ネイビーのボーダーのタオルハンカチ
  • 受付記入台 黒のボールペン
  • A会場 PUMAの下敷きもしくはマウスパット
  • E会場 レーザーポインタ
  • L会場 ディープグリーンの折り畳み傘(ONDAと記入あり)

9/10(木)

  • B会場 プリントアウトした資料を挟んだクリアファイル
  • H会場 黒のジェルボールペン(TOHOKU UNIVERSITYのプリントあり)
  • M会場 白いシャープペンシル

9/11(金)

  • 静岡大学バス停から会場の間 イヤーカフ(片方のみ)
  • L会場 ミニポートアダプタ

拾得日不明

  • D会場 黒のボールペン
  • F会場 5色ボールペン
  • F会場 A大判リングノート+資料
  • F会場 HDMIコネクタ
  • I会場 ACアダプタ

※お忘れ物は2016年3月末までお預かりしております。左記までにご連絡がなかった場合、勝手ながらこちらで処分させていただきます。あしからずご了承ください。

プログラム

参加者のみなさまへ「参加受付用紙」ご記入について

総受付前方に「参加受付用紙」をご用意しております。必ずみなさま、記入台にて必要事項をご記入の上、各受付へご提出ください。参加受付用紙は下記からもダウンロードいただけます。※A5サイズで印刷してください。

発表者のみなさまへ

研究発表時のPC用プロジェクタおよびモニタ切替器のご利用についてのご案内です。事前にご確認のうえ、適宜ご準備をお願いいたします。

プロジェクター案内

各種情報

発表申込聴講申込参加料等予稿集CD-ROM情報交換会見学会託児施設案内取材について

発表申込

  1. 発表を希望する方は、応募要領で応募資格をご確認ください。
  2. 発表申込は、応募期間内にオンラインシステムから登録をおねがいします。オンライン登録に関する詳細は応募要領をご確認ください。
  3. 締め切り後の登録内容の修正、発表取り下げはできません。
  4. 発表は1名1件に限ります。
  5. オンライン登録入力の際は、登壇者・連名者(会員の場合)の会員番号が必要です。各連名者の会員番号はあらかじめご本人に確認した上でご入力ください。
  6. 研究発表部門は専門分野に属する内容のものとします。専門分野表をご確認ください。
  7. Web上で正しく表示させるために約束事に従って入力してください。JIS第二水準までに規定のない文字、外字は使用しないでください。申込み完了後、確認画面で再確認することをお薦めします。→入力の注意事項
  8. オンライン登録された演題、著者名、所属、キーワード、抄録は科学技術振興機構(JST)のデータベースへ登録・公開されます。Web公開用データの著作権は予稿原稿同様、日本原子力学会に帰属します。

予稿作成

予稿原稿(PDF)作成方法はこちらをご覧ください。

予稿原稿様式テンプレートファイル 予稿原稿和文様式(Japanese) 予稿原稿英文様式(English)
予稿原稿記載例 予稿原稿記載例

聴講申込

■聴講者:登壇者を除く連名者、および一般参加者

本会では参加事前登録制度を実施しています。参加される方で予稿集CD-ROMの事前入手をご希望の場合は、オンライン登録をお願いいたします。会場にはパソコンでの閲覧や印刷の設備はございませんので,あらかじめご自分の必要な予稿原稿を印刷の上,ご持参ください。

<当日受付について>
聴講者のご参加は,当日会場でもおこなっております。当日受付のみなさまには,予稿集CD-ROMは現地でのお渡しとなります。予稿原稿の事前閲覧はできません。また,会場にも閲覧・印刷設備はございません。あらかじめご了承ください。

参加料のお支払い方法

  • 登壇者、聴講者ともに、学会誌3月号綴込の「2015年秋の大会」参加料専用振込用紙(払込取扱票)を必ず使用してください。参加者1名につき1枚使用のこと。不足の場合は学会事務局meeting[a]aesj.or.jp(「[a]」は「@」 に変更のこと)まで必要枚数をご請求ください。

登壇者振込受付期間:2015年4月9日(木) ?4月23日(木)(厳守)
聴講者振込受付期間:2015年6月25日(木) ?7月23日(木)(厳守)

※参加料には予稿集CD-ROM1枚が含まれています。
※参加料は、正会員・学生会員・シルバー会員は不課税、非会員・学生非会員は税込みです。
※シルバー会員は学会在会期間30年以上で70歳以上の方です。

登壇者参加料
正会員 学生会員 シルバー会員
期間内支払い 10,000円 2,000円 2,000円
当日支払い 12,000円 4,000円 4,000円
聴講者
正会員 学生会員 シルバー会員 非会員 学生非会員
期間内支払い 10,000円 2,000円 2,000円 13,000円 4,000円
当日支払い 12,000円 4,000円 4,000円 15,000円 6,000円
  • 領収書は大会当日,総受付にてお渡しいたします。
  • 受付締切後の送金は禁止とさせていただきます。当日、総受付にてお支払いください。
  • 納入された料金は原則として返金いたしません。
  • 上記期間内に登壇者参加料の納入が確認できない場合、予稿集CD-ROMの発送はいたしませんのでご了承ください。
  • 万一オンライン登録期間終了後に発表をキャンセルされたとしても、 登壇者参加料はお支払いいただくこととなりますのでご注意ください。

予稿集CD-ROMの販売

ご購入を希望される方は、原子力学会書籍購入サイトから購入手続きをお願いいたします。→原子力学会書籍購入サイト

予稿集CD-ROM:
正会員・学生会員・賛助会員:定価8,000円+消費税 送料:500円+消費税
上記以外の方:定価10,000円+消費税 送料:500円+消費税

※大会に参加される場合は、各参加料に予稿集CD-ROM1枚分が含まれております。

情報交換会

日 時: 2015年9月9日(水) 19:00?20:30
場 所: 徳川慶喜公屋敷跡「浮月楼」2F 月光の間(〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町11-1 Tel:054-252-0131)
会 費: 一般5,000円, 学生1,000円(同伴配偶者は無料)
定 員: 100名
交 通: 送迎バスはございません。公共交通機関をご利用ください。
静岡大学→(路線バス約25分)→静岡駅→(徒歩約5分)→浮月楼

お申し込みは,氏名(ふりがな)・申込区分(一般・学生)・所属・連絡先を記入の上,8月6日(木)までに本会事務局へE-mailまたはFAXにてお送りください。
E-mail:meeting[a]aesj.or.jp(※「[a]」は「@」に変更のこと)
FAX:03-3581-6128

参加費のお支払い方法は、お申し込み後、別途ご連絡いたします。

※個人情報について
本情報交換会の申込みに伴いご提供いただく個人情報は,本情報交換会の参加者名簿作成および本人確認に利用するもので,それ以外の目的では一切利用いたしません。

見学会

○Aコース(富士山静岡空港コース)
●見 学 先:富士山静岡空港 フジドリームエアラインズ(FDA)施設
●見学施設:訓練センター,資料館,格納庫,他
●開 催 日:9月12日(土)大会終了翌日
●集  合:JR静岡駅南口スルガ銀行前(8:45)
●コ ー ス:JR静岡駅出発(9:00)?FDA施設および空港見学(10:00?11:30)?JR静岡駅到着(12:30)解散 ※空港で解散することも可能です。
●定  員:20名(先着順)
●参 加 費:1,000円(消費税込み)
●申込〆切:8月31日(月) ※定員に余裕がある場合,現地での当日申込もおこないます。

○Bコース(中部電力コース)
●見 学 先:中部電力株式会社 浜岡原子力発電所
●見学施設:浜岡原子力館,安全性向上工事現場,他
●開 催 日:9月12日(土)大会終了翌日
●集  合:JR静岡駅南口スルガ銀行前(8:15)
●コ ー ス:JR静岡駅出発(8:30)?発電所見学(9:30?12:00)?昼食場所へ移動?昼食(12:30?13:30)?JR静岡駅到着(14:30)解散
●定  員:40名(先着順) ※増員しました。
●参 加 費:1,000円(消費税込み・昼食代含む)
●申込〆切:8月26日(水) ※締め切りました。
●注意事項:
・本人確認のため,運転免許証・パスポート・顔写真つき住基カード・在留カード・特別永住者証明書のうち1種類(原本)を必ずご持参ください。いずれもない場合は,?住民票・住民票記載事項証明書(いずれも発行から6ヶ月以内)・顔写真なし住基カードのうちいずれか1種類,?年金手帳原本,?健康保険証原本で,???のうちいずれか2種類が必要です。身分証明書をお忘れになると,発電所見学をお断りさせていただきますので予めご了承ください。
・発電所構内へのカメラ,携帯電話,手荷物の持ち込みはお断りいたしております(発電所構外の浜岡原子力館にて保管させていただきます)。

○見学を希望される方は,希望コース名と
Aコース:氏名(ふりがな),生年月日(和暦で),所属,役職(学生は課程と学年),住所(Bコースは身分証記載の住所),連絡先(TEL,E-mailならびに見学会当日連絡のつく携帯電話),
Bコース:上記に加え,性別,持参いただく身分証の種類,国籍(外国籍の場合)を明記して,本会事務局へE-mailまたはFAXにてお申し込みください。(E-mail:meeting[a]aesj.or.jp(※「[a]」は「@」に変更のこと),FAX:03-3581-6128)
○見学の申し込みにあたっていただいた個人情報は,見学会以外の目的には使用しません。

参加費のお支払い方法は、お申し込み後、別途ご連絡いたします。

託児施設紹介

お子さま連れの大会参加者のみなさまへ、会場近隣の託児施設をご紹介いたします。
託児施設へのお申し込み、費用お支払い等については利用者ご自身で行っていただきますようお願いいたします。

多目的保育施設「たけのこ」(静岡大学キャンパス内) ※申込期限:8月31日(月)

お申し込みの際は、8/31(月)までに
静岡大学・大矢恭久先生 <oya.yasuhisa[a]shizuoka.ac.jp>および
中部電力・田中弘文様 <Tanaka.Hirofumi[a]chuden.co.jp>へメールにてご連絡ください。
(いずれも[a]は@に変更のこと)

静岡市中央子育て支援センター(静岡駅から徒歩15分)

お申し込みの際は、直接センター宛ご連絡ください。

保育料の一部支給について

保育料の1時間単価が800円を超える場合、超過分を本会より補助いたします。

☆申請方法☆
1. 支払申請書  支払申請書フォーマット
2. 領収書コピー
3. 利用時間、利用料金明細書(単価が800円を超えることが証明できるもの)
4. 大会参加章コピー
をメール添付で年会大会担当(meeting[a]aesj.or.jp)宛お送りくださいますようお願い申し上げます。(※「[a]」は「@」に変更のこと)

申請〆切:9月25日(金)

※超過分の支給が可能な利用時間は、大会プログラムの開始時間より1時間前?終了時間より1時間後です。
それ以外の日時利用における保育料の支給はできません。
※託児施設での万一の事故に対して、本会では一切責任を負いませんのでご承知おきください。

大会を取材される報道機関の皆様へ

取材をご希望の際は当日、以下のお手続きをお願いいたします。

  1. 大会総受付(共通教育A棟2F 玄関)へお越しいただき、報道関係者窓口にて名刺をお渡しください。
  2. 「取材申込用紙」に氏名、社名および取材を希望するすべてのセッション名(または会場名)をご記入ください。
  3. 「報道関係者」の名札をお渡ししますので、取材の際は必ず着用をお願いいたします。
  4. 会場へ入室されましたら、取材開始前に、当該セッションの座長等、関係者に必ず取材の許可を得てください。
    同会場で複数のセッションを取材する場合、その都度許可を得るようにしてください。
    セッション全体ではなく、個別の講演・発表として取材される際は、必ず各講師・登壇者および座長に取材の許可を得てください。
    また、会場内では、参加者のプライバシーへのご配慮をお願いいたします。
  5. 取材終了後は、総受付へ名札をご返却ください。

以上、ご協力をよろしくお願いいたします。