日本原子力学会シンポジウム 東電福島第一原子力発電所の廃炉について―廃炉の状況と課題、その対応策―

開催要領

地図を読み込んでいます・・・
日時
2017/03/11 (1:30 PMー5:00 PM)
場所
機械振興会館 地下2階 多目的ホール
関連Webサイト
http://www.aesj.or.jp/symposium/
プログラム
特記事項
カテゴリー

日本原子力学会 シンポジウム

東電福島第一原子力発電所の廃炉について

― 廃炉の状況と課題、その対応策 ―

日時: 2017年3月11日(土) 13:30~17:00 (開場:13:00)

場所:機械振興会館 地下2階 多目的ホール(東京都港区芝公園3丁目5-8)
アクセス:http://www.jspmi.or.jp/kaigishitsu/access.html

主催:一般社団法人日本原子力学会

参加申込:事前登録制ですので、以下のウェブ受付ページにて登録ください(参加費無料)
※事前申し込みは締め切りました。

開催趣旨
日本原子力学会は、2011年3月11日に発生した東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故については、事故となってしまったことを深く反省し、その原因究明と得られた教訓を基とする原子力安全を確実にするための方策を実行すべく、積極的に取り組んでまいりました。
一方、福島第一原発の事故炉の廃炉作業は世界でも初めての取り組みであり、様々な課題をもたらしています。日本原子力学会では、東京電力福島第一原子力発電所廃炉検討委員会を設置して、この廃炉作業の課題の解決に学会の総力を挙げて協力しているところです。廃炉作業の技術課題はすそ野が広く、国の活動を始め、他学協会とも連携して取り組みを拡大いたしました。
学会の役割の一つとして、専門家集団として国民にこの問題を解説し、理解を得て行く責務があります。これまでも機会を得て、取り組んでまいりました。学会では毎年、この時期にこのような機会を設けて、社会と共に廃炉の進展を見守るとともに、持てる技術力をすべて提供して強力に支援して行かなければならないと考えるものです。
事故以来、6年目を迎える3月11日には、シンポジウムを開催いたします。シンポジウムでは、福島第一原子力発電所の廃炉における課題を解説し、問題点を共有するとともに、広く課題解決に向けた取り組みについての意見交換の場として、廃炉事業に役立てればと考えるものです。

プログラム(演題は変更になる場合があります)

総合司会:岡本 孝司(廃炉委副委員長、東京大学)

開会挨拶  ・・・上坂 充(日本原子力学会会長、東京大学)

講演1:福島第一原子力発電所の現状と課題

・・・宮野 廣(廃炉委委員長、法政大学)

講演2:事故で分かったこと~事故進展はどこまで分かったか~

・・・山本 章夫(廃炉委分科会主査、名古屋大学)

講演3:燃料デブリとはどんなもの

・・・永瀬 文久(廃炉委WG委員、日本原子力研究開発機構)

講演4:ロボットコンペの主旨と表彰

①燃料デブリ取り出しへのロボットの適用技術を対象としたアイデアコンペ ~廃炉のためのロボット技術コンペ~  ・・・吉見 卓(廃炉委分科会主査、芝浦工大)

②ロボットコンペの表彰  ・・・日本ロボット学会副会長、日本原子力学会会長

③受賞者による講演

休憩 15:10~15:20(10分)

講演5:廃炉におけるリスク管理  ・・・山口 彰(廃炉委分科会主査、東京大学)

講演6:設備の健全性と高経年化対策  ・・・渡邉 豊(廃炉委委員、東北大学)

講演7:サイトの中の廃棄物はどうするか ― 廃止措置の終点に向けて ―

・・・柳原 敏(廃炉委分科会主査、福井大学)

講演8:残された廃棄物 ― トリチウムの課題

・・・小西 哲之(廃炉委委員、京都大学)

質疑応答

閉会挨拶  ・・・関村 直人(廃炉委副委員長、東京大学)

終了

注:以上の「廃炉委」の表記は、日本原子力学会廃炉検討委員会を示している。

東京電力福島第一原子力発電所廃炉検討委員会 委員長 宮野廣(法政大学)

問合せ先:日本原子力学会事務局 E-mail: kikaku[アットマーク]aesj.or.jp