2016年秋の大会 理事会セッション質問受付

「2016年秋の大会」理事会セッション[社会・環境部会共催]
「原子力発電所関連訴訟について学ぶ」の質問事前受付について

「2016年秋の大会」では、理事会と社会・環境部会が「原子力発電所関連訴訟について学ぶ」セッションを共催します。

本セッションでは、ご専門の法学者である升田純先生(中央大学大学院法務研究科教授)をお招きし、関連した至近の裁判所による判例や決定のあらましについて紹介するとともに、社会・環境部会からも検討状況の報告を行い、①科学技術の最先端の分野における争点をめぐって、司法の判断と国あるいは専門家による判断が食い違う理由は何か。また、このような問題の調整をどう図ったらよいのか、②この問題の背景には、科学技術をめぐる不確実性への対応をめぐる問題がないか、などの論点を取り上げ、本学会において今後この件について検討や議論を深めるための共通の土台を築く第一歩とすることを目指しております。

本セッションは120分を確保して行い、質疑応答の時間も用意いたしますが、限られた時間を有効に活用するため、会員各位からのご質問をあらかじめ受け付け、セッション企画担当において分類・整理した上で、当日、講演者の方々から回答をいただくこととしました。

ご質問は下記の入力フォームにて2016年8月24日(水)まで受付いたします。ご質問を300字以内で簡潔におまとめいただき、ご送信ください。

なお、作業の都合上、入力フォーム以外からのご質問は一切お受けいたしません。必ず下記の入力フォームをご利用ください。メール、お電話、お手紙等によるご質問は受付いたしかねますので、何卒ご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

入力いただく情報のうち、お名前等の個人情報は会員情報の確認のため(ご質問の受付は会員サービスの一環として会員のみに限らせていただきます)、また、あらかじめご質問の内容について確認のお問い合わせをする必要が生じた際にのみ使用いたします。セッションの際にご質問をいただいた方のお名前やご所属を紹介することはいたしません。

なお、セッションの趣旨ならびに時間の制約の観点から、ご質問は企画担当において分類・整理した上で講演者の方々にご提示し、可能な範囲でのご回答をお願いすることとしております。

それでは、会員のみなさまのご質問、また当日のふるってのご参加をお待ち申し上げます。

質問の受付は終了いたしました。