2017年秋の大会

開催場所および全体日程

2017/09/13-2017/09/15 (北海道大学
発表申込 2017年6月2日(金)14:00〜6月15日(木)17:00  【受付終了】
予稿投稿 2017年7月7日(金)14:00〜7月20日(木)17:00  【受付終了】
聴講者参加事前登録 2017年7月6日(木)14:00〜8月2日(水)17:00  【受付中】
  • 登壇者は原子力学会員に限ります。 入会されていない方は、6月15日(木)までに入会手続きを済ませてください。(入会案内のページ
  • 「総合講演・報告」や「部会・連絡会企画セッション」の講師、座長の方で、担当のセッションだけに参加される場合は、発表申込・聴講者参加申込および各参加料のお支払いは不要です。ただし、 担当のセッション以外のセッションを聴講される場合には聴講者参加事前登録申込および聴講者参加料のお支払いが必要です。
  • 予稿のWeb公開時期は、2017年8月下旬予定です。

参加者のみなさまへ

  • AIRDO MICE割引運賃のご案内
    札幌市とAIRDOの協定により、「2017年秋の大会」では、MICE割引運賃のご利用が可能です。予約変更可能なお得な運賃です。ご利用希望の方は、事務局年会大会担当(連絡先は本ページ下部の「問い合わせ先」をご参照願います)までE-mailにてお問い合わせください。予約・搭乗時に必要な「利用コード」をご案内申し上げます。

    搭乗可能区間 往路:札幌着
    復路:札幌発
    利用期間 往路:2017年9月15日まで
    復路:2017年9月29日まで
    注意事項 予約・搭乗には利用コードが必要です。搭乗の際、空港のAIRDOカウンターにて利用コードをご提示ください。自動チェックイン機でのお手続きはできません。利用コードが確認できない場合、割引運賃を適用できません。お手続きの際、利用コードをお忘れ・お間違いのないようご注意ください。
    AIRDOのホームページ(http://www.airdo.jp/fare/list/mice.html)も併せてご確認願います。

各種情報

発表申込聴講申込参加料等情報交換会見学会展示会出展募集バナー広告募集プログラム冊子広告募集

発表申込

  1. 発表を希望する方は、応募要領で応募資格をご確認ください。
  2. 発表申込は、応募期間内にオンラインシステムから登録をおねがいします。オンライン登録に関する詳細は応募要領をご確認ください。
  3. 締め切り後の登録内容の修正、発表取り下げはできません。
  4. 発表は1名1件に限ります。
  5. オンライン登録入力の際は、登壇者・連名者(会員の場合)の会員番号が必要です。各連名者の会員番号はあらかじめご本人に確認した上でご入力ください。
  6. 研究発表部門は専門分野に属する内容のものとします。専門分野表をご確認ください。
  7. Web上で正しく表示させるために約束事に従って入力してください。JIS第二水準までに規定のない文字、外字は使用しないでください。申込み完了後、確認画面で再確認することをお薦めします。→入力の注意事項
  8. オンライン登録された演題、著者名、所属、キーワード、抄録は科学技術振興機構(JST)のデータベースへ登録・公開されます。Web公開用データの著作権は予稿原稿同様、日本原子力学会に帰属します。

予稿作成

予稿原稿(PDF)作成方法はこちらをご覧ください。
※Windows10の方はGoogle Chromeをご利用ください。

予稿原稿テンプレート 和文テンプレート 英文テンプレート

聴講申込

■聴講者:登壇者を除く連名者、および一般参加者

本会では参加事前登録制度を実施しています。参加される方でWeb予稿集閲覧パスワードの事前入手をご希望の場合は、オンライン登録をお願いいたします。会場にはパソコンでの閲覧や印刷の設備はございませんので,あらかじめご自分の必要な予稿原稿をダウンロードもしくは印刷の上,ご持参ください。

<当日受付について>
聴講者のご参加は,当日会場でもおこなっております。当日受付のみなさまには,Web予稿集閲覧パスワードを現地でお渡しすることとなります。予稿原稿の事前閲覧はできません。また,会場にも閲覧・印刷設備はございません。あらかじめご了承ください。

参加料のお支払い方法

  • 登壇者、聴講者ともに、下記いずれかにてお支払いください。
  1. ゆうちょ銀行への振込
    学会誌5月号綴込の「2017年秋の大会」参加料専用振込用紙(払込取扱票)を必ず使用してください。参加者1名につき1枚使用のこと。不足の場合は事務局(ページ下部の問い合わせ先参照)まで必要枚数をご請求願います。
  2. クレジットカード決済
    取り扱い可能ブランド:VISA,Masterのみ
  3. コンビニ決済
    支払い可能なコンビニ:セブンイレブン,ローソン,ファミリーマート,サークルK・サンクス,セイコーマート,ミニストップ,デイリーヤマザキ/ヤマザキデイリーストア
登壇者(不課税)
正会員 学生会員 シルバー会員
事前料金(~6月15日) 10,000円 2,000円 2,000円
当日料金(6月16日~) 12,000円 4,000円 4,000円
聴講者(会員:不課税 非会員:税込み)
正会員 学生会員 シルバー会員 非会員 学生非会員
事前料金(~8月2日) 10,000円 2,000円 2,000円 13,000円 4,000円
当日料金(8月3日~) 12,000円 4,000円 4,000円 15,000円 6,000円

事前支払受付期間:
登壇者:2017年6月2日(金)~6月15日(木)
聴講者:2017年7月6日(木)~8月2日(水)

  • 参加料には予稿のWeb閲覧パスワードが含まれています。
  • シルバー会員は学会在会期間30年以上かつ70歳以上の方です。
  • 領収書は大会当日、総受付にてお渡しいたします。
  • 受付期間後の送金は禁止といたします。当日、総受付にて現金でお支払いください。
  • 納入された料金は原則として返金いたしません。
  • 上記期間内に参加料の納入が確認できない場合、予稿閲覧パスワードの事前送付はいたしません。
  • 発表申込期間後の取り下げについては、大会に参加されない場合でも参加料のお支払いが必要です。

情報交換会

日 時: 2017年9月13日(水)19:00~20:40
場 所:キリンビール園本館中島公園店 2Fスペースクラフト ※サッポロビール園ではございません。
(〒064-0810 北海道札幌市中央区南10条西1丁目1-60 Tel:011-533-3000)
会 費: 一般5,000円,学生2,000円(消費税込み)
定 員: 170名(先着順)
交 通:送迎バスはございません。地下鉄南北線が便利です。
学会会場(工学部A棟前)→徒歩15分・北12条駅→南北線15分(片道200円)・中島公園駅→徒歩5分・キリンビール園本館中島公園店
※タクシー約1,300~1,500円(混雑具合によります)

少し早い秋の訪れが感じられる札幌で,北海道の冷涼な空気と北の大地で磨かれた環境省名水百選の「ナイベツ川湧水」を源流にもつ内別川の水で醸造されたキリンの生ビールとジンギスカンをお楽しみください。みなさまのご参加を心よりお待ちいたします。

お申し込みは,氏名(ふりがな)・申込区分(一般/学生)・所属・連絡先(TEL,E-mail)を記入の上,8月31日(木)までに本会事務局へE-mailまたはFAXにてお送りください。(E-mail:meeting[a]aesj.or.jp([a]は@に置き換え),FAX:03-3581-6128 )

情報交換会参加費のお支払い方法は,お申し込み後に別途ご連絡いたします。
当日受付もおこないます。

※個人情報について
本情報交換会の申し込みに伴いご提供いただく個人情報は,参加者名簿作成および本人確認に利用するもので,それ以外の目的には使用いたしません。

Aコース(北海道電力)

東日本大震災以降,各原子力発電所では,福島第一原子力発電所事故を踏まえた新規制基準に対応するための安全対策設備が新たに導入されています。今回は,泊原子力発電所において進められている安全対策の実施状況等について現場見学をおこないます。特に,普段原子力施設を見る機会の少ない学生や若手の方々の積極的な参加をお待ちしております。

●見 学 先:北海道電力株式会社 泊原子力発電所
●見学施設:PRセンター,3号機見学ルート,安全対策の実施状況等 ※天候,工事状況等により視察箇所や視察順が変更となる可能性がございます。予めご了承ください。
●開 催 日:9月12日(火)大会前日
●集  合:北海道大学工学部正面玄関前(10:55) または JR小樽駅前ジェイ・アールバスのりば(12:25)
●コ ー ス:北海道大学出発(11:00)-JR小樽駅出発(12:30)-PRセンター到着(13:50)-PRセンター,発電所見学(13:50~17:00)-PRセンター出発(17:00)-JR札幌駅(18:50)-北海道大学(19:00)解散
●定  員:30名(先着順)
●参 加 費:無料 ※昼食は各自ご用意ください(出発後,バス内にて飲食可)。
●申込〆切:8月25日(金)
●注意事項:
・核物質防護の観点より,本人確認書類のご提示が必要です。また,本人確認書類は写しを取らせていただきます。ご提供いただいた個人情報(見学者名簿・本人確認書類のコピー)は,電気事業の範囲内で利用いたします。本人確認書類をお忘れの場合,見学をお断りさせていただきますので予めご了承願います。
当日持参する本人確認書類の写しを事前に発電所へ提出しますので,申込期日までに本会事務局へE-mailまたはFAXにて提出ください。

本人確認書類とは以下のa), b) のいずれかとします。
a)【運転免許証*1,パスポート,写真付き住民基本台帳カード,外国人登録証明書,在留カード,特別永住者証明書】のうち,1種類を持参
b)【健康保険証+住民票*2+顔写真付き書面(任意)*3】の3種類をセット持参
*1 外国籍の方は,国籍が入った証明書類が必要です。日本の運転免許証では国籍照合ができないため,ほかの身分証をお持ちいただきます。
*2 住民票は取得後6ヶ月以内のものに限ります。
*3 任意の顔写真付き書面には,マイナンバーカードも含まれます。

・入構の際,手荷物の中身を確認いたします。
・発電所内は写真撮影禁止となっております。
・ライター等の火気類,携帯電話やカメラ等撮影機器は発電所構内への持ち込みができません。これらは,発電所入構前にPRセンターにて一旦お預かりし,見学終了後に返却します。
・安全も考慮し,歩きやすい靴でお越しください(ハイヒール,サンダル等厳禁)。

Bコース(日本製鋼所)

株式会社日本製鋼所 室蘭製作所では原子力発電設備用大型鍛造品を製造しています。今回の見学においてはその鍛造品製造をおこなう各工場に加え,日本刀製作をおこなう鍛刀所,研究所展示室などの付帯設備をご覧いただきます。みなさまのご参加をお待ちしております。

●見 学 先:株式会社日本製鋼所 室蘭製作所
●見学施設:製鋼工場,鍛錬工場,機械工場,鍛刀所,研究所展示室
●開 催 日:9月12日(火)大会前日
●集  合:株式会社日本製鋼所 室蘭製作所 本事務所 ※正門守衛にてご所属とお名前を伝えていただき,本事務所にお越しください。12:45から担当者が本事務所玄関でお待ちしております。
●コ ー ス:日本製鋼所 本事務所集合・昼食(13:00~13:45)-工場概要紹介(13:45~14:15)-工場見学(14:15~16:15)-質疑(16:15~16:30)-日本製鋼所 本事務所解散
●定  員:30名(先着順) ※大会参加者および本会会員に限らせていただきます。
●参 加 費:1,000円(消費税込み・昼食代含む)
●申込〆切:8月10日(木)
●注意事項:
正門(母恋方面)から入構してください。
・長袖の服を着用または持参してください。サンダル,ハイヒール,スカートでの入構はできません。
・工場内は写真/ビデオ撮影禁止です。
・母恋駅近辺は食事場所が極めて少ないため,日本製鋼所にてお弁当をご用意いたします。

Cコース(日本原子力研究開発機構)

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構幌延深地層研究センターでは,堆積岩を対象とした高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する研究開発を実施しています。本コースでは,幌延深地層研究センターの地下施設の深度350mの坑道にて,地層処分技術について原位置試験の様子や最新の研究開発状況について見学をおこないます。普段は入ることのできない地下深くの世界を体験する数少ない機会です。特に,普段研究施設を見る機会の少ない学生や若手の方々の積極的な参加をお待ちしております。

●見 学 先:国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 幌延深地層研究センター
●見学施設:ゆめ地創館,地下施設(深度350m調査坑道),地層処分実規模試験施設* *資源エネルギー庁から公益財団法人原子力環境整備促進・資金管理センターが受託し,運営している施設です。
●開 催 日:9月16日(土)大会終了翌日
●集  合:JR幌延駅改札出口(11:55)
●コ ー ス:JR幌延駅出発(12:00)-トナカイ観光牧場(12:10~12:55,各自昼食)-センターゆめ地創館着(13:00)-地上,地下施設見学(13:00~16:30)-センターゆめ地創館出発(16:30)-JR幌延駅(16:40)-国際交流施設(16:45)解散
参考:当日移動する場合 札幌駅7:30発→幌延駅11:45着 幌延駅18:40発→札幌駅22:57着
●定  員:30名(先着順) ※参加者5名未満の場合は中止といたします。
●参 加 費:無料 ※昼食は各自でご準備いただくか,トナカイ観光牧場にて各自でお願いいたします。
●申込〆切:8月18日(金)
●注意事項:
・見学する際は,指定された作業衣や安全装備の着用をお願いいたします。
・地下研究施設には狭い場所等もあり,歩行の不自由な方等が参加希望する場合,安全上見学できない場合がございます。事前に「地下施設の入坑にあたって」をご確認願います。
・設備の障害等により安全確保の観点から,急遽,入坑をお断りする場合もありますので,あらかじめご承知おきください。
・見学会終了後,ご希望の方は,札幌行きJR発車までの時間(16:40~18:30),国際交流施設(JR幌延駅まで徒歩3分)の会議室をご利用いただけます。
・JR車内では車内販売・自動販売機はありませんのでご注意ください。

申込方法

希望コース名(A・B・C),氏名(ふりがな),性別,生年月日(和暦で),所属,役職(学生は課程と学年),住所,連絡先(TEL,E-mailならびに見学会当日連絡のつく携帯電話),国籍(外国籍の場合),
Aコース:上記に加え,持参いただく本人確認書類の種類とコピー,バス乗車場所(北海道大学またはJR小樽駅)
Cコース:上記に加え,国際交流施設の利用有無
を明記・添付して,本会事務局へ,E-mailまたはFAXにてお申し込みください。(E-mail:meeting[a]aesj.or.jp([a]は@に置き換え),FAX:03-3581-6128)
※氏名および住所は本人確認書類に記載のもの。
○Cコースの外国籍参加者は,Visit Proposalのご提出が必要です。お申込後,別途ご案内申し上げます。
○見学の申し込みにあたっていただいた個人情報は,見学会以外の目的には使用しません。

展示会出展募集のご案内

例年どおり本会関係企業・大学等による展示会を実施いたします。

展示会の内容は、
○研究機関、企業、自治体,大学等による研究・製品紹介、ポスター展示など
○研究機関、企業、自治体等と学生・会員との交流の場
とさせていただいております。
(※営利目的ではないものに限らせていただいております。)

展示会場は,「2017年秋の大会」総受付近辺を使用し、多くの来場者が得られるよう配慮する予定です。皆様方の積極的なご出展を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

<開催要綱>

1.展示期間(予定)

9月12日(火)13:00~15:00 展示準備
9月13日(水)10:00~17:00 展示会
9月14日(木) 9:30~17:00 展示会
9月15日(金) 9:30~15:00 展示会 (16:00までに展示搬出)

2.会場 北海道大学

3.展示ブースサイズ 1ブースにつき、幅 約1800mm、奥行き 約900mm(大きさに多少の変動あり)

4.出展料(消費税込)

1ブース料金: 日本原子力学会賛助会員:100,000円、 賛助会員以外:150,000円
費用に含まれるもの バックパネル、社名版、机、椅子、100Vコンセント
※ブース設営につきましては、現地委員会指定の設営業者等が協力いたします。
※出展いただいた場合、1社につき大会参加章2名様分を差し上げます。

5.申込方法

参加希望される方は 年会・大会出展申込書に必要事項をご記入の上,
7月7日(金)まで(※〆切を延長しました)に
メール添付にて年会大会担当 <meeting[a]aesj.or.jp>宛お送りください。(※「[a]」は「@」に変更のこと)(先着順) ※締め切りました。

プログラムページおよびアプリ バナー広告募集のご案内

本会では「2016 年春の年会」より、プログラムWeb 公開システムを使用しております。
また今回より、年会大会専用アプリを正式導入することとなりました。
そこで、プログラムページおよびアプリに掲載するバナー広告を募集いたします。さまざまなPR にぜひご活用ください。

プログラムページバナー広告

掲載期間:Web サイトでのプログラムページ公開日(7月下旬予定)~
(ご要望がない限り、継続掲載(アーカイブサイトにも掲載))

アプリbanner_image

掲載期間:アプリ公開日(8/29 予定)~会期終了(10 月中旬アプリ公開停止)

バナー掲載イメージ

 

掲載料(すべて税込み)

○プログラムページ・アプリの両方に掲載○
賛助会員、プログラム冊子広告申込機関、展示会出展機関:80,000 円
上記以外:120,000 円

○プログラムページのみ、もしくはアプリのみに掲載○
賛助会員、プログラム冊子広告申込機関、展示会出展機関:50,000 円
上記以外:70,000 円

バナーデータ

■Webサイト用
ファイル種別:pngファイル、jpgファイル  サイズ:横160px 縦80px
■アプリ用
ファイル種別:pngファイル  サイズ:横1536px 縦210px

参加希望される方は バナー広告申込書に必要事項をご記入の上,
7月12日(水)までに
メール添付にて年会大会担当 <meeting[a]aesj.or.jp>宛お送りください。(※「[a]」は「@」に変更のこと) ※締め切りました。

プログラム冊子広告募集のご案内

「2017年秋の大会」プログラムは約1,500部を発行し、年会大会参加者全員に配布いたします。
会期中は参加者が常に持ち歩き参照するものですので、高い宣伝効果が得られるものと考えております。
また、プログラム冊子PDFについてもWebに掲載いたしますので、より幅広く広告をご覧いただけることになるかと存じます。

この機会に、ぜひ「2017年秋の大会」プログラムへの広告掲載をご検討くださいませ。

プログラムへの広告ご出稿をご希望の際は、 年会・大会プログラム広告掲載申込書に必要事項を明記の上、
メール添付にて年会大会担当 <meeting[a]aesj.or.jp>宛お送りください。(※「[a]」は「@」に変更のこと)

○広告申込・版下〆切 7月18日(火) ※締め切りました。

○掲載料  1ページ(A4) 86,400円(税込み)
※過去1年間に「アトモス」または年会大会プログラムへの 広告掲載実績がある場合は
1ページ(A4)  69,120円(税込み)

○判 型  A4判(モノクロ)

問い合わせ先:
日本原子力学会事務局 年会大会担当
E-mail: meeting(あっと!)aesj.or.jp ※(あっと!)は@記号に置き換えてください
Tel: 03-3508-1261